就職に関する不安は支援してもらい解決できる

タクシーにはマナー

タクシードライバーは運転マナーの徹底を

あなたもタクシーの運転マナーについて気になったことはありませんか? 「タクシードライバーの運転マナーって意外と悪いよね」と話される方、意外と周りに多くいます。 私自身、割り込みにあったり、背後につかれたと思ったら激しくパッシングされたりなど、タクシードライバーの運転マナーについて気になったこともあります。 タクシードライバーになるには二種免許が必要であり、それは求人票にはもちろん書かれているでしょうし、一般常識として皆さんご存知かとは思います。 タクシードライバー一筋という方もあまり多くはないでしょうし、ハローワークなどの求人票をみて転職したという方も多いとは思います。でも、そういう人にこそプロのドライバーであるという自覚をもっていただきたいと思います。人を乗せる商売をしているのですからね、当然だと思います。

トラックの運ちゃんと呼ばれる人々

トラックの運ちゃん、トラックのドライバーのことを指すわけですが、なんだか親しみやすい響きで良いですよね。 トラックドライバーって、おそらく皆さんが簡単に想像できる程度には過酷な職業だと思います。 個人でドライバーをされている方はもちろん、求人を受けて会社に就職しドライバーをしている方でも、土日でも平気で呼び出されたり、夜中の運転は当たり前だったりと、特に肉体的な負担は相当なものだと重います。 そんな過酷な仕事であるからこそ求人だけはたくさんあるんですよね。仕事に困ったら土方かトラックか、と言われるぐらいには就きやすい職業だと思います。 工場と工場を、お客とお客を、点と点をつないでくれるトラックドライバー。皆さんも知らないうちにお世話になっていることだと思います。 変に見下すようなことはなく、例えば町中で見かけたら「今日もご苦労さまです」と、心で思うぐらいのことはしてあげるといいのかなって思います。