就職に関する不安は支援してもらい解決できる

家庭教師の歴史

家庭教師のアルバイトの歴史について

家庭教師は歴史的には貴族階級の知識や教養を養うためにありました。戦後依頼、受験戦争が起こってからは一般的な人たちも自由に教育を受けられるようになり、誰でも家庭教師を雇ったり、アルバイトをすることができるようになっています。家庭教師のアルバイトは大学生になってから始められて、大学の求人広告の掲示板などにも頻繁に貼り出されています。授業の合間に教えにいったり、週に一コマだけ担当したり、得意な教科だけを担当することも可能です。短時間で高い時給なので、生活費を稼ぐためにも人気のバイト先です。受験をひかえた高校生や中学生を対象にしたものがほとんどでしたが、現在では小学生や幼稚園生を対象にしたものがあったり、教える形態も多様化しています。

家庭教師のアルバイトの動向について

家庭教師のアルバイトは登録制で大学生にとっては気軽に始められるバイト先です。大手の家庭教師を紹介する会社に登録する以外にも、自分で知り合いの受験生の親と契約して教えるという方法もあります。この場合、一コマの授業料を保護者との相談で決められるので、大手の会社に登録するよりも時給が良い場合があります。大手の会社に登録する場合も自宅や大学の近くにいる生徒の中から担当する生徒を選ぶことが出来ます。短時間なのに時給が良いので、生活費を自分で稼ぎながら、大学の勉強をする時間も持てるので大学生にとっては選びやすいバイト先です。受験に関しては自分も経験しているのでアドバイスしやすく、未経験であっても自分の知識を利用して教えることが出来るので今後も人気のバイト先になると予測できます。